『プロミスはやばい」って本当!金利や取り立てが心配な人が知るべき必読情報

プロミスはやばくない

プロミスってどうなの?やばいんじゃないの?通常、、消費者金融会社に向けられる言葉ですね。

むかし、、貸金業者はサラ金とも呼ばれ、高利貸しと呼ばれる時代もありました。そのことから金利や取り立てが厳しくて大変なのでは?という声も聞こえてきます。

実際のところはどうなのか…プロミスについて詳しく調べてみました。

プロミス
プロミス

SMBCグループ
年率 :4.5~17.8%
限度額  : 最高500万円

(特長)
★最短1時間融資も可能!
★はじめての人は30日間無利息!
★50万円以下の借入なら原則収入証明の書類不要!
★プロミスATM・三井住友銀行ATMなら、手数料0円!
★WEB完結で契約!カードレスで郵送物なし
★土日の即日融資も可能

❤女性オペレーターご希望なら「プロミス レディースキャッシング」も!
レディース

プロミスで借りたらやばいのかな?大丈夫?

プロミスはやばくない
大手消費者金融会社のひとつであるプロミスでお金を借りても大丈夫かな?と心配する人も少なくないでしょう。

いまでも消費者金融会社というよりもサラ金という名前のほうが通りやすいでのすからイメージはなかなか払拭できそうもありません。

しかし、一頃の消費者金融会社は金利が高かったり取り立てが厳しいという噂ばかりが先行し、イメージは決して良いものではなかったのです。これはプロミスがどうとかという問題ではなく、昔から日本では借金が悪というイメージがずっと根強く続いていたからに他なりません。しかし、現在は多くの人がクレジットカードを使っています。

これは、「カードで支払う」と言っていますが、カード会社とから借金をしているのと同じことです。多かれ少なかれ、大なり小なり多くの人がお金を前借り(借金)して買い物をしているのです。そう思うと、プロミスでお金を借りるのも不自然なことではなく、お金を借りて物を買うといった構図は決して悪いイメージではないといえるでしょう。

プロミスで借りるとやばいと考えている人は、消費者金融会社の金利が高いから、取り立てが厳しいからというイメージからそう言っているのだと思います。

プロミスの金利は高いの?取り立ては厳しい?やっぱりやばい??

プロミスはやばくない
プロミスのカードローンの金利は実質年率で4.5%から17.8%です。大手消費者金融会社と呼ばれる同業他社とほぼ同率といっていいでしょう。

この金利が高いか低いかというと、利息制限法や出資法などで定められている上限金利が20%ですから、この金利は当然ですが合法であり、適正な金利ということになります。もっとも、銀行などの金融機関と比べたら金利は高めと考えていいでしょう。

そして、消費者金融会社の中でも中小消費者金融会社や、もっと小規模な消費者金融会社である街金などは、上限いっぱいの20%の金利で貸し出しを行っています。(※中小消費者金融会社はかなり幅がありますが、大手消費者金融会社よりも金利が高めです。

街金に至ってはほぼ20%の金利を採用しているといっていいでしょう。もっとも、街金の場合は少額融資が基本なので、金利はどうしても高くなります。)

プロミスの取り立てですが、取り立てというのは延滞したときに、督促状が届くことも、これも言うなれば取り立てということになります。

お金の貸し借りは契約ですから、返済日にお金を返済するというのが基本的なことです。これが守らずに延滞すると契約不履行ですから、当然ですが取り立てを受けることになります。これは違法でもなんでもありません。

もっとも、昔のサラ金と呼ばれていた時代の消費者金融会社は、この取り立てが厳しかったのです。電話はばんばんかかってくる、自宅にひっきりなしに取り立て屋がやってくるといったことで、あまりの取り立ての厳しさに、一家離散、夜逃げさらには一家心中といったことも起こっていました。しかし、そういったことも、現在は法的に整備されていて、過剰な取り立ては法律で厳しく制限されています。また、プロミスは最大手の消費者金融会社です。

貸金業の範とならなければいけない立場ですから、遵法意識はとても強く、厳しい取り立てといったことはまったくありません。。

やばいことはない!プロミスってどんな会社?

プロミスはやばくない
一般的に言われていて知名度の高い「プロミス」ですが、これは社名ではなく「ブランド名」です。

正式な名称は、「SMBCコンシューマーファイナンス」であり、三井住友フィナンシャルグループの完全子会社です。つまり三井住友銀行グループの傘下に入っているということになります。

規模・実力ともにアコムと二分する消費者金融会社の雄といっていいでしょう。

それでは、、、プロミスの金融商品を紹介します。

・フリーキャッシング(カードローン)
プロミスの主力金融商品です。担保も保証人も必要なく借り入れが可能です。

融資額:1~500万円
貸付利率:4.5%~17.8%

最低金利はアコムのほうが3.0%となっているので、アコムのほうが良さそうに見えるのですが、気にしなくてはいけないのは、上限金利のほうです。

アコムは18.0%ですが、プロミスは17.8%です。少額融資が基本となる場合、こちらの上限金利で借りることになるので、わずかですがプロミスのほうが金利が低く借りることができるということです。

また、初回に限るのですが、30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)があるので、30日の間に全額を返済すれば利息はかかりません。30日の間に給料日がありますから、そのときに一括で返済すればいいということになります。

また、プロミスも他の大手消費者金融会社と同様に、24時間稼働している無人契約機があります。いつでも、カードローンの申し込みができるのでとても便利です。レスポンスが悪いと思われがちなWebからの申し込みですが、これにも対応の早さに定評があります。

スマホからでの申し込みもできるので、いつでもどこでもとかんがえるとWebからの申し込みが一番手軽で簡単と言えます。

・レディースキャッシング
女性専用のカードローンです。普通のカードローンとの違いは、担当するスタッフが全て女性というだけです。

問い合わせの際に女性スタッフが対応するということで、普通のカードローンとの差はこれだけです。Webで全て済ませる場合は特に意識する必要はないのですが、問い合わせの際、女性なら女性専用ダイヤルを利用するようにしましょう。

・自営者カードローン
一般的なビジネスローンです。

融資額:300万円
貸付利率:6.3%~17.8%

一般的に自営業者はお金を借りるのが不利とされていますが、自営業者でも気軽にお金を借りることができます。

・おまとめローン
借換えローンとも言われていて、複数の債務を一本化するためのローンです。

融資額:300万円
貸付利率:6.3%~17.8%

多重債務に陥らないように、支払いを一本化することで、早期に借り入れの返済をすることができるのでおすすめです。

・目的ローン
融資額:300万円
貸付利率:6.3%~17.8%

カードローンは使途自由のフリーローンですが、おまとめローンや目的ローンは用途が決まっているローンです。そのため、フリーローンに課せられている総量規制の対象外のローンとなります。ですから、望めば借入限度額いっぱいの300万円まで借りることも可能です。

プロミスもやばい時代があった!?

2000年代は消費者金融会社にとって冬の時代でした。ピーク時は消費者金融会社の数も3万社近くあったとされているのですが、現在は2,000社にも届かないくらいに激減しています。

それだけ、体力のない消費者金融会社は淘汰されていきました。また、体力のあるプロミスのような大手消費者金融会社でも、経営が傾いていた時期(赤字決算の時期)がありました。そこで、三井住友銀行グループの傘下になったのです。

このあたりの下りは、同じ大手消費者金融会社のアコムと同じような歩みといえるのですが、プロミスのほうが格段に紆余曲折があったといっていいでしょう。大手でも消費者金融会社であるのは間違いなく、やはりサラ金のイメージは根強く残っています。

しかし、サラ金と呼ばれた時代とは会社自体が全く別物になっていると言ってよく、金利はグレーゾーンの撤廃によって、上限金利が統一されていますし、法律によって取り締まられているので、厳しい取り立てもありません。

むしろ、借りやすさといった面ではプロミスのような大手消費者金融会社は、あらゆる借り入れ方法があるので、便利ですし、すぐにお金を用立てするにはプロミスのカードローンは大いに役立ってくれるでしょう。

プロミスで借りるのは安心です!

プロミスはやばくない

以上のことから、プロミスで借りてもまったくやばいことはありません。

借りやすい、さらには返済もしやすいのがプロミスのメリットでもあり、現在始まっているのがアプリローンです。

これはカードレスであり、スマホがあればセブン銀行ATMでいつでも入出金が可能となっているのです。これからの時代はカードレスで、スマホがあれば何でもできるような時代になりつつあります。

🔴プロミスで借りる↓↓

プロミス 468*60