『アコムはやばい」って本当!金利や取り立てが心配な人が知るべき必読情報

消費者金融会社の中でも最大手となるのが【アコム】です。
急にお金が必要になったときに重宝する貸金業者ですが、
いっぽうでサラ金と呼ばれていることから、
高い金利や取り立てが心配という人も少なくありません。

「アコムってやばいんじゃない?」そう思っている人のためにアコムについて調べてみました。

▼▼今すぐアコムに申し込む

アコムで借りたらやばいって話だけど…

「アコムで借りるのって大丈夫?やばいんじゃない?」そのような噂が立つのは、消費者金融会社というか貸金業者の宿命のようなものだと思ってもいいでしょう。

今でも消費者金融会社はサラ金と呼ばれるように、なんとなくダークなイメージがあります。昔の高利貸しの流れから来るものかもしれません。

貸金業者ですから、銀行と違ってお金を貸すことでしか、収益を上げることができないので、利息についてはかなりシビアに考えられているのです。銀行などの金融機関よりも、金利が高めなのもそういったところから来ているといっていいでしょう。

そうなるとやはり気になるのが厳しい取り立てがあるのでは?ということです。これは多くの人が思っていることですが、アコムをはじめ、消費者金融会社というのはお金を貸すのを生業としています。

利用者はお金を借りたら返済しなくてはいけません。「借りたら返す」基本的なことであって、お金を返さないとアコムから「返済してください」という連絡があります。これは当然のことで、それを「厳しい取り立て」と考えてしまうほうに無理があるといっていいでしょう。

つい20年くらい前までは、消費者金融会社のトラブルは報告されていました。それも、連日のようにサラ金のトラブル報告が新聞紙上を賑わしていた時代です。厳しい取り立てからの夜逃げというのはそうそうあるものではありませんが、1度起こったことが誇張されて報道されてしまうのはよくあることだったのです。

「内臓を売ってでもお金を用意しろ」というのは、アコムかどうかはわかりませんが、大手消費者金融会社の取り立てとして大きなニュースになりました。

 

お金は、、、基本は「借りたら返す」です!

借りたら返す

借りたら返すのが当たり前の世界なのですが、返済を迫ることは法律で厳しく制限されています。

ですから、昔のような無理な取り立て、例えば自宅を訪問しての取り立てや、夜遅くの電話などは行わないようにということが法律で定められているのです。

それでも、返済しないでいると、督促状などは届きますし、日中には電話もかかってきます。自宅訪問(様子を伺う)もあるでしょう。でも、一昔前に比べると「取り立て」という厳しいものではありません。

そのかわり、返済しない場合は債務整理に陥ること、つまりアコムが裁判所へ申し立てを行うことになります。

まとめると、借りたら返すのが基本であり、厳しい取り立てはないまでも、督促状などは自宅に届きますし、電話もかかってきますし、場合によっては自宅訪問もあります。それは、電話が連絡可能になっているか、自宅に住んでいるかなどの様子伺いのためです。

このことから、昔よりも現在のほうが、家裁を仲介とした債務整理が起きやすい状況になっていると言えるでしょう。厳しい取り立てがないからといって、債務者が過剰に保護されているわけではなく、借りたら返すという基本的なことは昔も今も変わりません。

アコムの魅力的な金融商品

 

消費者金融会社の最大手としてアコムの魅力的な金融商品を紹介します。

・カードローン

融資額800万円
貸付利率3.0%~18.0%

融資額は800万円とかなりの額となります。それでも融資単位は1万円で、下は1万円か融資を受けることができるのです。そして、是非とも利用したいのが、30日感の無利息サービスです。限度額内ではいくらでもかまわないのですが、初回の借り入れに限り、30日間無利息で融資を受けることができるというものです。これはかなり便利なサービスなのでお金が必要なときは是非とも利用したいサービスです。

・クレジットカード

現在は1人について3枚のクレジットカードを持っている時代とされています。

アコムは消費者金融会社の中でも唯一クレジットカードを発行しています。国際ブランドは、マスターカードですから、国内はもとより世界中どこでも利用できるクレジットカードとなっています。

クレジットカードは比較的審査が厳しいとされていますが、アコムのACマスターカードは属性の低い人手も持ちやすいカードとしても有名です。他で、クレジットカードの審査に落ちたとき、それでもクレジットカードを持ちたいといったときは、ACマスターカードに申し込みをしてみるといいでしょう。

また、ACマスタ-カードにもキャッシング枠がありますが、これはアコムのカードローンとは全くの別物です。

・ビジネスサポートカードローン

消費者金融会社のカードローンは総量規制の対象となっています。これは年収の3分の1までしか借り入れができないという法律ですから、守らなければいけません。

そうなると100万円の年収の人でしたら、アコムから33万円までの借り入れしかできないということになります。もっとも、これは使途自由のフリーローンであるカードローンに適用されるもので、ビジネスサポートカードローンは事業者向けのビジネスローン(事業運営などの充てるローン)なので総量規制に関係なく、お金を借りることができます(最高300万円)。

・借換えローン

おまとめローンともいいます。

複数の債務を抱えていると、支払日が違い、引き落とし口座が違うことで毎月の返済が大変です。アコムの借換えローンでしたら、債務を一本化することができるので便利です。これも目的ローンとなるので総量規制の対象外となるので、まとめてお金を借りて、複数の債務を清算し、借換えローンの返済一本に絞ることができます。

・多彩な申し込み方法

アコムの大きなメリットが多彩な申し込み方法にあります。

店頭での申し込みはもちろんですが、インターネットや電話での申し込みもできるので、忙しい現代人にとってはあらゆる方法でお金を借りることができるのです。申し込み方法で最たるものが、24時間稼働している無人契約機です。いつでも借り入れができますし、当日の21時までに申し込みができれば、その日のうちに融資を受けることが可能です。即日融資ならアコムがもっとも頼りになるでしょう。

・貸金業者に向けられた逆風を乗り越えた

2000年代は消費者金融会社にとって冬の時代でした。消費者金融会社の雄とも言える「武富士」が経営破綻したのも記憶に新しいところです。その中でアコムは大リストラを断行し、グレーゾーン金利の撤廃、過払い請求、総量規制といったさまざまな逆風を乗り越え現在に至っています。

もっとも、かなり危ない時期があり、それを乗り越えるためには 三菱UFJフィナンシャル・グループの参加にならざるを得ず、逆に参加に入ったことで、経営基盤は安定し現在に至っているのです。

アコムで借りても【やばい】ことはない!

アコムはやばい?いやそんなことはない

アコムで借りてもやばくはありません。現在は利息制限法でしっかり上限金利が決まっていますし、延滞した人に対して、無理な取り立ては法律で禁止されています。

取り締まりも厳しく、消費者金融会社にとって冬の時代は続いているといってもいいのですが、先述したように銀行グループの傘下に入ったことでイメージアップにも成功しています。

昔のサラ金と言われた時代のアコムと現在のアコムはまったく別の会社と考えてもいいくらいに変貌しています。まさに、消費者金融会社の最大手としての風格を感じさせてくれているのです。

↓↓あなたも初めてのアコムを利用してみませんか!