総量規制以上を借りたい!そんな金融機関があるか徹底検証した!

総量規制は貸金業法によって定められている規制の一つです。
消費者金融会社からの借りすぎ、あるいは貸しすぎを防ぐためにできた規制です。
ここでは、総量規制について紹介し、「総量規制以上借りたい」という事ができるのか検証してみました!

総量規制のおさらい!

総量規制とは

 

総量規制は、貸金業法で定められている規制の一つです。

2010年6月より施行されています。それまでの、消費者金融会社による貸しすぎ、利用者から見た借りすぎを防ぐためにできた国の法律です。総量規制によって、利用者は消費者金融会社から、他の消費者金融会社を含めた借り入れ総残高が、年収の3分の1以内までとなっているのです。つまり、年収の3分の1を超える借り入れはできないということです。

法律ですから、貸す側である消費者金融会社に総量規制を超える貸し付けが認められた場合は、罰則があります。悪質名場合は営業停止や廃業まであるということですから、厳格に守られている規制といっていいでしょう。

総量規制以上借りたいと思っても、消費者金融会社(カードローン)から借りることはできません。
ただし、銀行などの金融機関からの借り入れは総量規制対象外ですから、年収の3分の1以内という規制もなく、お金を借りることができます。

また、クレジットカード会社が発行するクレジットカードも総量規制の対象になります。キャッシングの部分が総量規制の対象になるのですが、クレジットカードのキャッシング枠は、カード申込時によってきまるので、あらかじめ総量規制の枠内に定められます。

じゃあ、借り入れ審査の時の年収はどうやって判断するの?

消費者金融会社の場合、利用者からの申し込みによって、収入が証明できる書類の提出を求めることができます。

会社員の場合は源泉徴収票がもっとも的確となります。自営業者の場合も市役所が発行する、所得証明書などが収入証明書として利用することができます。消費者金融会社は申込時の借り入れ希望額が50万円以上となる場合に、収入証明書の提示を求めてきます。

プロミス公式サイト↓✨
100*60

プロミスの収入証明キャンペーン

 

これは、義務づけられているので、利用者のほうも事前に用意しておいたほうがいいでしょう。50万円未満の借り入れ希望の場合は、収入証明書の提出は求められないケースが多いのですが、その場合の収入は自己申告ということになります。

もっとも、他者借り入れがある場合などは、50万円未満の借り入れ希望であっても、収入証明書の提出が求められるケースが多くなっています。他者借り入れも自己申告となるのですが、消費者金融会社は借り入れの申し込みがあったときに、申し込み者の信用情報を審査します。

その審査の過程において、加盟する信用情報機関を通じて、他者借り入れの有無と金額をチェックすることができるのです。それでは、何故、他者債務の自己申告が必要かというと、申し込み者が他者借り入れの有無や残高をきちんと把握しているのかどうかを見るためです。また明らかに嘘の申告をしている場合は、その時点で信用がないということで審査に通ることはありません。

総量規制以上借りたいときはどうしたらいい?

総量規制外 カードローンでお金借りれる総量規制以上借りたい場合は、総量規制対象外となる銀行からお金を借りるようにしたらいいのですが、銀行に申し込みをしても審査に通らなかったという人が多いことでしょう。

そこで、消費者金融会社からお金を借りたいという人が大半ですから、消費者金融会社からなんとかしてお金を借りたいと思ったときはどうしたらいいのでしょうか。

実は、総量規制の対象となるのはフリーローンです。消費者金融会社のカードローンは使途自由のフリーローンですから、総量規制の対象となります。そのため、目的がしっかりしている借り入れでしたら、総量規制とは関係なくお金を借りることができるのです。

総量規制対象外で借りることができるケース

総量規制対象外の融資

総量規制対象外で借りることのできる金融商品を消費者金融会社が用意しているのでそれを利用するようにしましょう。以下の金融商品があります。

・ビジネスローン

法人や個人事業主向けのローンです。法人経営や事業経営に使うものですから、使途がはっきりしています。機材の購入や当座の運転資金としてなど、事業経営の様々なことに利用可能です。

・おまとめローン

借り換えローンとも呼んでいる、複数の債務を一本化するためのローンです。

複数の債務があると、それぞれに支払日があり、それぞれに支払日にお金を準備しなくてはいけません。うっかりミスなども発生しやすく、延滞になってしまうケースも少なくありません。

そうなると信用情報に傷が付いてしまうので、必要なときにお金を借りることができないということも考えられます。そういったリスクを少なくするためにも、複数の債務はできるだけ早く一本化するようにしたほうがいいでしょう。

新たにお金を借りたいときというのは、すでに他の債務があるケースが多いので、複数の債務があるよりも、できるだけ債務を一本化しておくほうが、返済がしやすいというメリットもあるのですが、新たな債務の申し込みをするときに審査に通りやすいメリットもあるのです。

・不動産担保ローン

基本的に消費者金融会社の借り入れには担保が必要ありません。しかし、担保をつけることでお金の借りやすさというのは段違いに上がります。ケースは違いますが、不動産担保ローンも目的ローンに分類されるので、これも総量規制対象外となります。

ただし、持ち家などの不動産を担保にするので、借入額も高額に設定することが可能です。万一返済ができないことになれば、持ち家を手放さなくてはいけないリスクもあるので、利用には慎重を期すようにしたほうがいいでしょう。

・他の目的ローン

他にもマイカーローンや学資ローン、医療ローンなど目的ローンを用意している消費者金融会社もあります。使途が明確な場合は目的ローンとなるので、そういった金融商品を探すか、消費者金融会社に相談してみるといいでしょう。

↓↓フリーローン以外も「プロミス」が安心
468 × 60

総量規制以上に借りたい人のちょっとした裏技的な借り入れ!

裏ワザ 総量規制以上に借りたい

総量規制一杯まで借りている場合、それでもあと少しだけお金が必要だという場合があります。そういったときは街金などの中小消費者金融会社に融資の申し込みをしましょう。

街金の場合少額融資が基本です。多くても10万円までの融資が多く、そういった少額融資の場合は、総量規制の対象とならないケースが多いのです。

というのも、総量規制いっぱいまで借りている人は、月々の返済もかなりの額になっているはずです。3万円あるいは5万円以上の返済になっている人もいるでしょう。そうなると、2ヵ月あるいは3ヵ月経つと返済額も10万円程度にはなります。そうすると、街金などから10万円は楽に借りることができるということになるのです。

大手消費者金融会社でしたら、審査が厳しくなるので、こういった自転車操業的な借り入れには難色を示し、審査に通ることは難しいと考えていいです。

いっぽうで街金などの小さな消費者金融会社でしたら、審査も甘く、10万円程度あるいは5万円の借り入れでしたら、ノーチェックでの借り入れが可能です。総量規制以上になりたい人のちょっとした裏技的な借り入れになりますが、少額の借り入れのみでしたら、街金を頼ってみるのもいいでしょう。

借り入れ癖がついてしまうと、いつのまにか総量規制対象いっぱいまで借りてしまうこともあります。自分が今どれだけ借りているのか、借入可能額はどれだけあるのかは常に把握しておく必要があります。また、目的のはっきりしている借り入れはできるだけ目的ローンを利用するようにしましょう。