【必見】お金を即日で借りることができる人、できない人の違いとは!

即日でお金が必要なときは、実は多くの場合突然やってきます。
そんな時に、「即日で借りれる人」、「借りれない人」が出てきます!

即日で借りる

 

大切な時に限って手持ち資金がないことが多く、そのときは即日でお金を借りる方法を探さなければいけませんね。実際に即日でお金を借りることが可能な人がいる反面、お金を即日で借りることができない人もいます。ここではその違いに迫ってみます。

↓↓↓即日でお金借りるなら💥

銀行カードローンって、即日で借りれないの?!

銀行のカードローン

お金を借りようと思ったらいくつか方法があります。銀行から借り入れを行うか、消費者金融会社から借りるか、またはクレジットカードのキャッシング機能を利用するかです。多くの人は銀行からお金を借りようと思うでしょう。

しかし、銀行は審査を厳しく行うので、すぐにお金を借りることはできません😢。

それは、即日での融資ができないということです。そう思うと不思議なことがあります。以前はメガバンクなどを中心として、即日融資やスピード融資を売りにした宣伝をひっきりなしに行っていたことを思い出す人も少なくないでしょう。

でも、現在はそのようなTVコマーシャルを見ることはありません。仮に銀行がスピード融資を行うとあっても、「即日」ではないのです。それはどうしてかというと、審査が厳しいのもあるのですが、警察庁からの通達により、不正融資を防止するために警察庁のデータベースに融資希望者の信用情報の照会を行わなければならないのです。

その照会情報を得るのが最短でも翌日以降になるので、物理的に銀行カードローンからの即日融資は、できないということになっているのです。

じゃあ、クレジットカードのキャッシングは?

クレジットカードでキャッシング

クレジットカードの保有率は高く、一人3枚のクレジットカードを持っている時代です。そのクレジットカードにはショッピング機能だけではなく、キャッシングつまりお金を借りることができる機能もついています。

ですから、クレジットカードにキャッシング枠があれば、その限度額内でお金をすぐにでも借りることができます。ただし、消費者金融会社のカードローンよりも高い金利設定となっているので、すぐにお金を返せる目処がなければ、止めておいたほうがいいでしょう。数万円程度で数日中(次の給料日)に返済できる以外はおすすめできません。

どうしてもというときは、ショッピングやPAYPAYなどのQRコード支払い、光熱費の支払いなどに使用していないクレジットカードを使うようにしましょう。ショッピング枠もキャッシング枠も同じ枠を使っているので、残金や利用限度額などを円単位で把握していないと、カードが利用できないということにもなりかねないからです。

即日融資が可能なのは、消費者金融会社のカードローンなのです!

消費者金融のカードローン

消費者金融会社というと昔のサラ金をイメージする人も少なくありません。いまだに消費者金融会社=サラ金と思っている人もいます。これは間違いではなく、消費者金融会社がサラ金そのものだからです。

しかし、昔のようなサラ金ではなく、というよりも現在は、昔でいう高利貸しのようなサラ金は存在しません(闇金は別です)。貸金業ですから、お金を貸していくらの商売をしています。ですから、消費者金融会社はお金を貸したくてたまらないのです。そのため、お金がすぐにでも入り用な人には即日で融資可能なカードローンの仕組みを作ったのです。

同じ金融機関である、銀行は口座開設者からお金を集め、その集めたお金を運用して運用益を得ることができます。いっぽうの消費者金融会社は、お金を貸すことでしか、利益を得ることができません。そこで、いかに必要な人にお金を貸すかを考えなければいけないのです。ですから、審査基準を緩くし、銀行でしたら融資することもない属性の低い人でもお金を融資しているのです。

即日でお金を借りることが可能な人・可能ではない人

借りれる人、借りれない人

誰でもお金が欲しいときに融資の申し込みをすればお金を借りることができるというわけではありません。確かに消費者金融会社から即日でお金を借りることができるのですが、それも人によるということです。

まず、銀行カードローンで考えてみます。銀行は先述したように融資に対して審査を厳しく行います。そのため誰でも気軽にお金を借りることができるわけではありません。カードローンの申し込み条件は大きくふたつあります。一つは満年齢で20歳以上、そしてもう一つは安定した収入のある人です。

この安定した収入のある人の解釈が銀行では、正規雇用の人に限定していることが多く、非正規雇用の人は審査を通るのが厳しくなっているのです。銀行カードローンの最低融資枠は10万円からということが多いので、非正規雇用の人でしたら、その金額で銀行カードローンに融資の申し込みをすることを考えてみましょう。それでも、審査に通るかどうかは五分五分といったところです。

いっぽうで、消費者金融会社の場合は、審査基準が緩いので非正規雇用の人でも収入のある人でしたら、問題なく審査に通ることができます。それでも、消費者金融会社のカードローンの審査に通らない可能性があるとしたら、融資申し込み者の属性の低さです。

属性というのは、お金の借りやすさを図る指標のようなものです。正規雇用の人は収入が安定しているので属性が高くなりますし、非正規雇用の人でしたら、属性が低くなります。もっとも、属性はさまざまな要因で決まります。持ち家のある人のほうが借家住まいの人よりも属性が高いといったように、いろいろな要因から属性の高さが決まってくるのです。

現在の金融機関や貸金業者などは属性の高さをスコアリングという仕組みで数値化して、ある一定の数値以上で審査クリアというようにしています。その数値の基準が銀行や消費者金融会社、さらに同じ銀行や消費者金融会社の中でも審査に使うスコアリングの数値が違っているのです。

消費者金融会社に融資の申し込みをして審査に落ちることがあるとしたら、これまでにお金を借りて返済に対して滞納歴(延滞歴)がある場合です。

返済をしたとしても滞納したという事実はなかなか消えません。期日までに決まった額を返済することは、最初に交わされた契約で決まっていることですから、滞納するということは契約不履行ということです。うっかり口座にお金を入れ忘れていたというヒューマンエラーであっても滞納は滞納です。融資に対して返済を滞納するということは、一番あってはいけないことです。

それに対するペナルティは重く、加盟している信用情報機関では滞納情報が共有されるので、こちらの消費者金融会社で審査NGだったから、別の消費者金融会社に融資の申し込みをしてみても、滞納情報が照会され、その消費者金融会社でも確実に審査NGとなります。

また、返済不能になって債務整理に陥った人は、いわゆるブラックという人です。俗にブラックリストに載ると言われていますが、その情報は信用情報機関で共有されていて、その情報が消えるまでは、お金を借りる子ともクレジットカードを作ることもできなくなります。

【お金を即日で借りることができる人、できない人】のまとめ

お金借りれて安心する人

お金を即日で借りることができる人は正規雇用であることが一番なのですが、非正規雇用でも消費者金融会社ではお金を借りることができます。

お金を借りることが不可能な人は、過去に滞納歴がある人、債務整理歴がある人ということになります。いずれの場合も5年あるいは10年でそういった消えるのですが、逆にいうとその期間は一切お金を借りることができないということになるのです。

まずは、一度借りれるかどうか確かめてみるのが一番です。
アコムでは3秒診断もありますのでやってみては如何でしょうか。

↓↓↓アコム公式サイト💥