緊急でお金が必要という場合の確実・安心な対応策?10万すぐに必要な人必見!

緊急でお金が必要という場合

緊急でお金が必要という場合はどうしたらいいでしょうか。

日常生活の中でもお金がすぐに必要な場面というのはよくあることです。実際にそういった場面になっても困らないように、緊急でお金が必要になった場合の対処法をいくつかあげてみました。

普段から準備しておくことが大切ですよ!

カードローンで借りる

緊急でお金が必要という場合

カードローンは俗に言われる借金ですが、消費者金融会社の他に銀行もカードローンを取り扱っています。

金利などを考えると消費者金融会社よりも銀行のほうが貸出金利が低いので、返済時の利息が少ないので利用者にとっては有利となります。

しかし、銀行カードローンは消費者金融会社のカードローンに比べて、審査基準が高く、誰でも簡単に審査をパスするというわけではありません。極端な例では、正規雇用の人は銀行カードローンの審査に通りやすく、非正規雇用の人は審査に通りにくいのです。そのため借りやすさといった面で、消費者金融会社のカードローンのほうが銀行カードローンよりも一日の長があると考えていいでしょう。

緊急性といった面でも銀行カードローンは即日融資はできません。それは、審査の際に警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられていて、その照会情報を得るのが早くても翌日以降になるためです。その必要のない消費者金融会社のカードローンは即日融資が可能であり、アコムやプロミスなど、大手消費者金融会社は、全国各地に自動契約機を設置しています。

これは、24時間365日利用できる優れもので、いつでも融資の申し込みができるのです。審査もすぐに行われるので、審査に通ればすぐにでも融資が可能となります。実際には自動契約機から発行されるローンカードを持って、コンビニATMでお金を引き出すといった方法になります。緊急でお金が必要というときに、もっとも迅速に対応してくれるのが消費者金融会社のカードローンといっていいでしょう。

プロミス
プロミス

SMBCグループ
年率 :4.5~17.8%
限度額  : 最高500万円

(特長)
★最短1時間融資も可能!
★はじめての人は30日間無利息!
★50万円以下の借入なら原則収入証明の書類不要!
★プロミスATM・三井住友銀行ATMなら、手数料0円!
★WEB完結で契約!カードレスで郵送物なし
★土日の即日融資も可能

❤女性オペレーターご希望なら「プロミス レディースキャッシング」も!
レディース

クレジットカードでキャッシングする

緊急でお金が必要という場合

必要なお金が少額なのであれば、カードローンにわざわざ申し込みをしなくても、誰もが持っているクレジットカードのキャッシング機能を利用するとよいでしょう。

ショッピングなどの支払いに利用する割合が高いクレジットカードですが、ほとんどのクレジットカードにはキャッシング枠が設定されていて、その限度額内であれば、いつでもお金を引き出すことができるのです。

返済方法も一括返済や分割返済、いくら利用しても月々の返済額が変わらないリボルビング払いなど、カードローン並みに多彩となっています。

クレジットカードに申し込みをする時点で審査を受けているので、クレジットカードを保有しているということは、いつでもキャッシング枠内でお金を引き出す(借りる)ことができます。ただし、一般的にカードローンよりも金利設定が高く、そのため返済利息が多めとなります。

少額融資が基本となるので、それほど気にならないかもしれませんが、金利が高いことから、一括返済などを利用して返済利息をできるだけ抑えるようにしたいものです。借り出しは、銀行ATMやコンビニATMなどが利用可能です。

国の融資制度を利用する

緊急でお金が必要という場合

公的融資制度にはさまざまなものがあります。日常的に生活が苦しい場合は生活保護を受けるとよいですし、とりあえず今現在が苦しい、お金が必要だという場合であれば、生活福祉資金貸付制度を利用するとよいでしょう。

管轄は市区町村レベルの自治体で社会福祉協議会がお金を貸してくれる制度です。一般的に「低所得者、高齢者、障がい者の生活を経済的に支える」ことを主眼としている融資制度なので、緊急でお金が必要だからすぐにでも用立てしたい…というときには不向きかもしれません。

公的融資制度ですから、申請や審査に時間がかかるので、すぐにでもお金が欲しいというときには役に立ちません。また、2,3日の間にお金が欲しいという場合でも難しいでしょう。また、仕事がなく求職中で生活資金が必要という場合は、求職者支援資金融資制度があります。

各市町村が窓口となっているので、問い合わせてみるのもいいでしょう。こちらも緊急性はなく、借りるまでに時間がかかることを頭に入れておいたほうがいいです。

公的融資制度でもっとも緊急性が高いのが、緊急小口資金貸付です。保証人不用・無利子で10万円まで借りることができます。こちらも市区町村の社会福祉協議会が窓口となります。貸し付けの条件は厳しくなく、比較的短期間でお金を借りることができます。

融資額は少ないですが、請うて融資制度の中でももっとも使い勝手のよい融資制度といえます。

親や友達から借りる

緊急でお金が必要という場合

お金がすぐにでも必要なときにもっとも頼りになるのが親や友達からお金を借りることです。そのときに大切なことは、いくらまでなら友達から借りることができるかということでしょう。

必要なお金が少額でしたら、親よりも友達からのほうがお金が借りやすくその金額はつきあいかたによっても変わってくるでしょう。一般的には友達からお金を借りるのは、財布の中に入っているお金と考えたほうがよく、その金額は数万円程度となります。

具体的には友達が、気軽とは言えないまでも財布の中からスッと出してくれる額と考えると、相場は3万円くらいでしょう。友達から借りるうえでの最大のメリットは利息を考えなくていいことです。気楽すぎて「あるとき払いの催促無し」となりそうですが、そこはしっかりとけじめをつける必要があります。

ポケットマネーとも言える金額を貸してくれるのですから、借りる側としても次の給料が出たらすぐに返済するくらいの約束はしておかなければいけません。

このとき、貸す側の友達から借用書などは言いにくいので、借りる側から用意するのも変ですが、借用書はしっかりと用意します。そして、次の給料日に一括で返済する…など、しっかりと支払期限を書いておくのが鉄則です。

親しいながらも人にお金を貸すのは不安なものです。借用書があり、さらに支払期限が書いてあると安心しますし、友達といえども「親しき仲にも礼儀あり」だからです。すぐに返済できない場合は、親から借りるしかありません。

また、必要な金額が大きくなるとこれもまた親に頼るようにしましょう。返済の目処がたたないのに友達から借りることは絶対にないようにしたいものです。

確実で安心なのはカードローンで借りること

緊急でお金が必要という場合

緊急ですぐにでもお金が欲しいのでしたら、友達から借りるのが一番手っ取り早いと言えますが、できるなら友達といえどもお金の貸し借りは避けたいものです。

何かトラブルが起きたときに修復できない傷を負うこともあるからです。その点カードローンで借りることは、リスクなども自分が追うことになるので、ある意味気楽であると言えます。

誰にも迷惑をかけないとは言えませんが、自分だけの責任でお金を借りるので、後は返済をしっかりすれば問題ありません。友達から借りてしまうと、後々までその記憶が消えることはなく、なんとなくしこりが残ってしまうものだからです。

公的機関の融資制度は、返済利息が少なくて済むので一見便利そうですが、お金を借りるまでの時間を考えるとそれほど使い勝手が良いとは言えません。すぐにでもお金が欲しいというときには、あまり役に立たないと考えたほうがいいでしょう。

必要なときに必要なお金を借りたいとなると、必然的・消去法的に考えてもカードローンが確実で安心して借りることができます。

カードローンで借りるなら↓↓

【知らなきゃ損!】明日までに10万円のお金が必要な人がやるべき事は!
明日までに10万円必要な人が知るべきお金を借りるテクニックをご紹介します。明日には10万円が欲しい。用意しなきゃ。そんな時は、大手消費者金融系カードローンを利用して確実に即日振込ができるようにしましょう!他の金融機関ではない即日融資にぴったりのサービス体制でサポートしてくれます。